×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

タンクでわかる?!3タイプのCB400Fの見分け方情報!

タンクでわかる?!3タイプのCB400Fの見分け方

カテゴリー :CB400F タンク

CB400F、発売当時中型二輪で唯一乗れる「並列4気筒」のオートバイでした。
最初のモデルは408ccでした。
しかし日本国内の免許制度改正で教習所で取得できる中型二輪免許が400ccまでとなると、408ccの排気量を持つCB400Fは、中型二輪免許では乗ることができなりました。
これに対応してショートストローク化され、398ccの排気量とされた国内専用モデルが、このCB400F−T、およびそのアップハンドルモデルCB400F−Uでした。
つまり3機種のCB400Fが同時に存在したことになります!
この3つ車体の違いにタンクのカラーがありました!
まずCB400Fはタンクのカラーがレッドとブルーから選べました。
F−TとF−Uのタンクのカラーはイエローとレッドの二色へと変更になっていました。
タンクのカラーぐらいなら塗装や部品の交換で好きな色にできますが、発売された直後のまっさらな状態を見た人であれば、そのタンクのカラーリングによってCB400Fだったのか、F−T、F−Uだったのかがわかることもあります。
ハンドルやステップの位置も仕様が違っていますが色の違いなら小さい頃の記憶でも鮮明に残っているのではないでしょうか。

コラム > タンクでわかる?!3タイプのCB400Fの見分け方について書かれています。

タンク改造でCB400Fカフェレーサースタイル

カテゴリー :CB400F タンク

CB400F、発売当時中型二輪で唯一乗れる「並列4気筒」のオートバイでした。
他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも話題になりましたね!
現在でもCB400Fのカスタムの選択肢としてカフェレーサースタイルはとても有効で、支持するライダーも多いのではないでしょうか。
当時のバイク雑誌のCB400Fの記事においても必ずと言っていいほどカフェレーサーという単語が出ていたそうです。
カスタムの方法を挙げればキリがないと思いますが、やはりタンクの改造は欠かせないところでしょう。
CB400Fそのままの形でもカフェレーサーっぽいのでタンクをいじるだけでもグンッといい感じになってきます。
最近だとアルミを使ったタンクが多くなってるようです。
軽くて頑丈なのでCB400Fのタンクのような大きなパーツに使っても重くならなりませんし強度も問題ありません。
よりシャープな感じを引き立たせるためにタンクのシート側にへこみをつける方法もあります。へこませ方で失敗してもパテで補修できますが、実践するのであれば、なるべく細心の注意を払いましょうね!

コラム > タンク改造でCB400Fカフェレーサースタイルについて書かれています。

CB400Fはシフトドラムの構造が古い!

カテゴリー :CB400F ドラム

CB400Fは現在からすると30年も前のバイクですから、やはりの現行車のように快適に乗れるか?というと、そうではありません。
例えば、シフトチェンジ。
これは、シフトドラムの構造上の問題なりますので、現行車のように「カチッ」としたフィーリングで入ることはありません。
CB400F昔から乗っている方は体が覚えてしまっていると思うので気にはならないと思いますが、最近のバイクから乗り換えされる方には気になるところではないでしょうか?
CB400Fの基本設計はCB350Fになります。ですので、もう35年以上も前の設計なんです!
この頃の設計では、シフトチェンジをするパーツが複雑な構造になっていました。原付のモンキーのシフトの構造と同じですね。ちなみモンキーは現在も同じ構造でシフトドラムを動かすようになっています。
CB400Fはギアを変える為に、3つ以上のパーツを介してシフトドラムを動かしてシフトチェンジしますので、どうしても30年以上経ってくると部品の摩耗も重なって新車のようなシフトドラムを動かすスムーズさが無くなってしまうんですよね。
CB400Fの2世代後のCBX400Fでは、構造が簡単になり、直にシフトドラムを動かすので簡単にシフトできるようになりました。世代交代ってやつですね!

コラム > CB400Fはシフトドラムの構造が古い!について書かれています。